読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

少しずつだけどエネルギー回復中

つぶやき&ひとりごと

 

まーったくやる気がなかった7月8月。そのうち動き出したくなるでしょう、と思っていたものの、ここまで長引いたのは初めてだったので少しばかり不安でした。

しかし良くも悪くも飽きやすい私。引きこもりにも体調不良にも飽きはじめ、8月終わりくらいから徐々に各分野でやる気が出始め、少しずつですが動き始めました。

まだ本調子ではないものの、これこれ~と懐かしい感じです。笑

 

心の中にあったモヤモヤの大半は仕事に関することでしたが、それについては真っ先に解決に取り組み、とても良い方向に進んでいます。当たり前な話ですが、個人における仕事の割合がとても大きくなっていることに気づきます。仕事がうまくいっているかうまくいっていないかで、生活全体の満足度が大きく変わってきますね。趣味だけで過ごしていける人なんてほとんどいないのですが、、つい妄想に浸る私。いい加減にしてください。。

 

しばらくはリハビリが必要ですが、新たにスタートを切ったような心持ちで今とても楽しいです。

 

 

改行ルールを変えてみましたが、、こちらの方が読みやすいかなー。模索中です。

しかし、しばらくブログを書いていなかったので、伝えたいことをうまく文章にできません。ライター時代に先輩から、”うまくなるにはとにかく毎日書きまくること!”と言われたのを思い出しました。 こちらも要リハビリ。。

 

 

毎年恒例の「来年の手帳選び」開幕

つぶやき&ひとりごと

 

今やスケジュールはiPhoneのカレンダーを利用しているため、手帳で予定を確認することはほとんどありませんが、毎年手帳を探しています。ただただ好きなのです、手帳が。スケジュール確認に使わないのであれば日記的に使えばいいとも思いますが、こちらも気の向くままノートに書き出してしまうので、手帳には白紙の部分がちらほら発生します。(話は別ですが、ノートも大好きでいっぱい持っていますw)

それでも毎年、来年の手帳が発売になる9月になるとワクワクするので、”趣味:手帳”と言っても良いレベルだと思っています。

 

私のいつものパターンでいくと、

1 書店などで手帳コーナーを見つけるたびにすべての棚の手帳を吟味。

2 各雑誌の手帳特集を読んでさらに吟味。周りの人に聞いたりもする。

3 候補が絞れない上に完璧なものが見つからず悩みだす。

4 悩みすぎて解放されたいがために、候補のひとつであるAを買う。

5 Aをルンルン気分で使い始めるが、段々と気になる部分が出てくる。

6 選ばなかった他の手帳候補たちが気になる。

7 気になって気になってしょうがくなり、なんだかんだ理由をつけて候補Bを買う。

8 勢いづいて全く違うタイプの候補Cも買う。

9 手帳熱が落ち着き、ABCのうちひとつを使い始めて残りの2つは未使用のまま。

 

なかなかめんどくさいことしてますね、私。。アホなことしているなーと思いつつやめられないのです。今年もすでに選ぶ気満々!選んでいるときとても楽しいんですよね。なんでしょう、依存症なんですかね。年に一回の大イベントみたいな感じです。

 

今年はどんな手帳を選ぼうかなー。9月に入り、さっそく手帳コーナーを発見したので、ここから数ヶ月楽しみたいと思います。

 

私をキュンとさせるもの

つぶやき&ひとりごと

 

”はぁぁぁー”、と不覚にも思ってしまい、

最近はこのCMが流れる度に手を止めて見入ってます。

 

このストーリーが一番リアルで好き。

 


松田翔太主演 キシリッシュ 特別CM #03ワンナイトキス - YouTube

 

松田翔太、かっこいいな。

 

 

 

8月はがんばらないの

つぶやき&ひとりごと

 

今年は夏バテ?がひどくて、どうにもこうにも体がダルいです。。

ダルさだけではなく、ところどころ体に症状が出てしまい、なんともすっきりしない夏。

暑くなってきた7月くらいからどよーんとして、何に対してもやる気が起きないので

もう無理に頑張ろうとせず、8月までは何にもしないと決めました。

必殺、諦め。ジタバタしないの。

 

仕事も遊びもブログもやる気が出ないんだよなー。困ったなー。

あ、フラだけは相変わらず一生懸命やってます。ほんとそれだけ。笑

普通に勤めていたらこんな生活できないし、今のうち今のうち。

 

とは言いつつ、しばらくオフ状態だったので、

来月から動けるようにちょこちょこと準備はしています。

9月になったら急にやる気が出ることを期待しつつ、今月いっぱいは休業です。

 

私の常識を覆してくれた友人

■取材日記
 
前職の同僚の家で開いた手巻き寿司パーティー。
実は人の家に行くのはあまり好きではありませんが、人の家を見るのは好きです。
そのとき私も引越しを控えていたので、
手巻き寿司とは違った楽しみもありました。
 
部屋に入ると、、なんだか暗い。
お昼過ぎだったので日の光はあるものの、はて、、と思っていたら、
部屋の片隅にシーリングライトのカバーが。。
蛍光灯が切れたそうで、すでに数日間部屋の電気なしで過ごしているそう。
幸いにも持っている間接照明二つを駆使し、生活には支障がないそうです。
でもさすがに夜は暗いと思うのですが、彼女曰く、
「街灯が窓の近くにあって夜はその光が入ってくるからけっこう明るいの」
とのこと。
 
ふむふむ。衝撃その1。
ライトなんてなくても生活に支障はない。
 
 
たいした準備もないのですが、手巻き寿司を作ろうとしたとき、
彼女がごはんを炊いていなかったことを告白。
このメンバーで家に集まるときは、各自持ち寄りにしているのですが、
手巻きの基本材料は家主の担当でした。
てことで、さっそくごはんを炊くことに。
お鍋を取り出す彼女。あれ、炊飯器は?
彼女曰く、「炊飯器は場所取って邪魔だったから処分しちゃった」とのこと。
ごはんはお鍋で炊けるからと言いつつ、これまでお鍋で炊いたことはなかったらしく、
クックパッド見ながら緊張の面持ちで調理。
結果的にお鍋で十分おいしく炊けたけど、
さすがに手巻き寿司におこげはいらんかった。
 
なるほどねー。衝撃2。
炊飯器がなくてもごはんは炊ける。
 
 
私も引越し時にいろんなものを捨てましたが、
さすがにライトと炊飯器は捨てる気にならず。
でも今、キッチンで猛烈に邪魔なのが炊飯器。
デカイし重いし、なくなってくれたら嬉しいです。
 
これはないとまずいでしょーと思うものでも、思い込んでいるだけで
実はたいして必要なかったり、代替品があったりするものです。
彼女の家での体験は、私的にけっこう衝撃でした。
じわじわきていて、片付けや掃除中にふと彼女を思い出します。
 
物以外でも自分のステレオタイプで自分の首を絞めていることが
いーっぱいありそうで怖くなりました。 。
 
 
 

至上最高にときめいたプレゼント

つぶやき&ひとりごと

 

プレゼントって難しいじゃないですか。

私は本気のプレゼントをするのが苦手なので

さりげなく、センス良くプレゼントできる人を尊敬しています。

 

同じようにプレゼントをもらうのも苦手です。本気系のやつ。

かわいいリアクションができないんです。。

プライズなんてもってのほか。

喜ばせようとしてくれている気持ちは嬉しいのですが、

プレゼントの中身が高ければ高いほど、欲しいものと一致していないと

感激の声なんてあがらないのです。

私の微妙な顔を見たときの、相手の残念そうな顔を見るのが嫌で、

無理にテンションあげて逆にわざとらしくなり、それはそれで相手を傷つけてる?

なーんてややこしく考えるのが嫌なので、

”プレゼントはいらんぜよ”、なんて先制攻撃したりしてます。

 

そんな私が最近、プレゼントでときめきレベル過去最高記録を達成しました。

相手は彼氏でもなんでもなく、家探しをしていたときの不動産屋さんです。

話は少しそれますが、不動産屋さんって気が合わないと結構きついのです。

内見はたいてい車なわけで、狭い空間に2人きりになりますよね。

テンポとか感覚が合わないと会話すら面倒になる私。

彼はとても性格が良さそうな、まるで子供のような人で、

逆にこちらが興味を持つような人だったので、車での会話も苦ではありませんでした。

1回目の内見で、読書が好きだと話した気がする、、たしか。

そしたら数日後、2回目の内見の別れ際に買ったばかりの小説を手渡されました。

私がよく行くと話した本屋さんのカバーがかかっていて、さらにビックリ!

 

「これおススメなので読んでほしくて」

 

もらったときも反射的にとても嬉しかったのですが、

帰宅後、ホコリがかぶっていたときめきレーダーが鳴り始めました。笑

この時は素直に喜べたなー。サプライズって嬉しいんだなーと実感。

あいつ、やりおる。。

 

結局内見2回目で無事に引っ越し先が決定し、

さらには契約はオーナー側の不動産屋で行ったので、それ以降彼と会う機会はなく。

 

そのときどきでツボのプレゼントは異なると思うのですが、

本のプレゼントって今の私にはめっぽう効果的です。

小説の内容は青春系感動ストーリーで、彼のキャラとぴったりでしたね。

プレゼント攻撃の威力ってハンパないんですね。

ひさびさにキュンキュンして楽しかった~

 

まぁ彼はイケメンでスタイルも良かったのですが、、

そこの因果関係は謎です。。w

 

途中で止められない話

つぶやき&ひとりごと

 

社会人になってハンバーガー的なものはあまり食べなくなりましたが、

あの両手で持つスタイルの食べ物が苦手です。

 

たぶん、大口開けて頬張る姿はかわいくないと思われる。

いや、自分のを見てそう思ったのではなく、人の振り見て気付いたというか。。

確実に私も怪獣みたいな食べ方をしているのでしょう。

だって、うまく食べられなくて一口目がとても悩ましい。

 

さらに、ハンバーガー的な食べ物って、途中で止められないんですけど?!

バンズがずれると中身が出てべちゃべちゃするじゃないですか。

ただでさえ、片側から食べているからもう片側へ具が移動しているんですよね。

ポタポタと包み紙からソースがたれたり具が落ちたりしますよね。

つまり、一口食べだしたら、食べきるまでノンストップ一本勝負。

かろうじて飲み物を飲むくらいで逃げ場がない~飽きる~

 

そんな感じです。

 

とか言いつつ、今日はモスのナンタコスを食べました。

これはオープンだし細長いから食べやすかった。

でもノンストップだったけどね。。

これはただの私の癖なのかしらね。そんな気もしてきた。