読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

キャリア迷子

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

進学も就職も住まいも恋も結婚も、

すべてにおいて無数の選択肢が多すぎて、迷子になりそう。

いや、なっているのかもしれない。。

 

 

先日コーヒーミーティングでキャリアについて話した人が

しっかりしすぎていて、若干落ち込んだ。。

年齢じゃないんだけど、私より年下の彼は

考えていることも話すことも聞くことも、しっかりしていて

たとえ同じ経験をして同じ年だったとしても、

彼のようになれる自信は無いかな。

 

別に彼になりたいわけではないのだが、

仕事に対する姿勢みたいなものがうらやましかった。。

 

私はこれまで、仕事に夢中で寝る間も惜しんで仕事したい!

と熱中したことがない。

もちろん、参加しているプロジェクトが成功したり、

実力が上がったときなどはとても嬉しいが、

大きな括りで仕事が楽しい!大好き!夢中!と思ったことがないんだよなぁ。

 

でもいつか自分もそうなれると思っていた。

でも今までなれなかった。

 

私がいた環境でも仕事に没頭していた人は多くいただろうし、

没頭できなかったのは自分の責任だと思う。

 

 

何が違うのだろうか。。

彼に、「仕事に夢中になる人のモチベーションってなんでしょうね?」と

聞いてみた。

 

彼曰く、日々行う仕事自体は何でもよいそうだ。

ただ、その会社のビジョンに共感し、自分も良いと思っているからこそ

がんばれるのだと言う。

 

どの会社も大体は、社会を良くしたいという理念を持っている。

ただ、理念だと概念的なものが多く抽象的すぎて共感が難しい。

だから抽象度が下がる次のレベルのビジョンに強く共感することで、

その一番下の日々の業務に取り組むことができるという。

 

 

彼は実におもしろそうに自分の仕事を話していたなぁ。

楽しそうだった。

おもしろそうだった。

未来が見える気がした。

 

 

私もそうなりたいなー。