読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

人は「できない理由」ばかり思いつく

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

何かしたいことがあっても、

人に話すときにはその夢がいかに難しいかを力説してしまう。

「この人にはこう言われた、あの人にはこう言われた、

私もこう思うからちょっと難しいと思うんです。」

 

夢の話をしているのに、表情は暗くてなんだかグチを聞いているみたい。

必死にできない理由を並べているような気がする。

 

思わず質問してしまう。

「それは本当にやりたいことなの?」

 

できない理由を考えている時間を、

どうすればできるのかを考える時間に充てたら

もっといろんなことができるのに。

もったいないな、と思う。

 

人が話していると気づくこと。

私自身もできない理由探しは得意だけど、

相手にこう見えているのかーと客観的に見ることができた。

どうしたらできるようになるのか、できる理由を探さないとね。

 

25歳くらいの女性がネガティブなできない理由ばかりを言ってたから

ショックで、少し強めにアドバイスをしてみたけど、

後から考えたら、お説教くさかったなーと猛反省。

 

しかも今の私の状況、言える立場ではないのにー。。

相手に対してというよりも、自分自身へのメッセージでもあります。

少しでも彼女にプラスのメッセージになればいいなと願ってます!

 

あー、、、お説教おばさんにはなりたくなーい。