読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

初めてのダンスミュージカル鑑賞

■取材日記 つぶやき&ひとりごと

 

友人に招待されたミュージカル。

ダンスミュージカルは、歌もダンスも演技も求められて、

出演者は大変なんだろうなー。

 

ミュージカルの率直な感想は、あまりおもしろくなかった。。

細かい演出がどうとか演技がどうとかは分からないけど、

なんとなーくストーリーもダンスミュージックも演技のカラーも

いまいちに感じた。

しょうがない、好き嫌いは人それぞれ。

 

今回のミュージカルで気づいた点をあれこれ考えてみた。

 

■観客の半分は出演者の家族や友人

そんなに知名度の高い団体でもないし、有名人がいるわけではなく

会場自体も250名くらいの大きくはないホール。

公演初回に参加したけど、前半分は関係者で埋め尽くされていた様子。

後ろ半分も真ん中の4列くらいを招待席としてスペース確保していて、

団体の人たちが挨拶回りしていたわ。

 

そう考えると、関係者以外でチケットを定価で買ってきている人って

どれくらいいるのだろうか。

会場費だけでもちゃんとペイできているのかなー、とか

余計なことを考えてみたり。

 

でも観客が関係者ばっかりってのは、普通のことかもね。

私も趣味でダンスやってるけど、発表会やショーには同じ教室の子や

出演者の知り合いばっかりだしね。

 

■LIVEのパワーはすごい!

目の前で歌って踊って演じている出演者たちのパワーをストレートに感じて、

鳥肌が立つことも。

テレビや映画とは全然違うのね。

全部が本番だから、セリフを噛んでもダンスを間違えても止められない。

そういう本気度が表れてるのかしら。

出演者の声量もすごかった。

映画よりもおもしろいかもしれないなー。

他のミュージカルや舞台も観てみたいなと思った。

 

とはいえ、やはり演技はオーバー気味だったため

入り込めず感動には至らず。

 

などなど、いろいろ思ったけど、総じてとてもおもしろかった。

新しいことをするってやっぱり楽しいな。