読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

ひとりでずっと生きていく自信がないから結婚したの

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

大学で同じサークルだったM子のお話。

M子は出会って半年もしないうちに結婚を決めて昨年入籍。

一緒に暮らし始めて約半年が経ちました。

 

2人で飲んでいて、ふとサークルメンバーで集まった新年会の話に。

そのときM子は、結婚や同棲をしているメンバーたちから

パートナーのグチが一切出なかったことに対してとても驚いたようです。

誰も言わないから言えなかったと。笑

 

一緒に生活していて、何の不満もないということは考えにくいことですよね。

まったくの他人同士が一緒に生活するのですから。

サークルメンバーも日々の小さな不満はあったと思いますが、

新年会の開催場所があるメンバーの自宅で、近くに旦那さんと子供がいたので、

おそらくそこでグチを言う雰囲気にはならなかったと思われます。

 

さらにM子は、旦那さんのことは好きだし結婚して良かったとは思うけど

普段の生活ではイライラすることも理解できないことも多いし、

来月来年には離婚しているかもしれないなー、なんて笑って話してました。

そして、このタイトルのセリフ。

「正直なところ私、ひとりでずっと生きていく自信がなかったから結婚したの。

これからいろんなことを決めていくときに、

ひとりじゃなく誰かと一緒に決めたかったんだ」と。

 

なるほどねー、なるほど。

とても素直な気持ちだと思いました。

これまでに聞いた、”なんで結婚しようとしたの?”の質問に

一番ハラオチした答えだった気がします。

 

”なぜその人と結婚しようと思ったの?”の問いに

運命の人と出会えたからだとか、彼以外とは考えられないとか

多分そのありふれた答えは、本人が決めた本当に答えではないような気がします。

本人は本音だと思っていても、一時の盛り上がりではないかなと。

本当はもっと保身であったり見栄であったり

人には言いにくい感情も含まれているのでしょう。

 

彼女のセリフを聞いて率直に考えたことは、

私はまだそこまで考えていないのだろうなーということ。。

ひとりで過ごすことの不安感や将来の危機感は

M子よりも圧倒的に少ないことに気づきました。

 

おかしいな、私も結婚したいのだけが。。

まだそこまで結婚を求めていないせいなの、

いまだに運命の王子様を求めているのか、、

自分でははっきり分かりませぬ。

 

それに、結婚の動機は人それぞれですしね。

私はまた別の理由を持っている気がします。