読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

食べ物の写真を撮る人たち

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

いつから流行りだしたのでしょうか。

カフェでもハンバーガー屋でも定食屋でも居酒屋でも

食事の前にはスマホを手に写真撮影。

今ではまったく珍しくない光景です。

 

ちなみに私は写真撮影はしない派ですが、

同席する相手が写真を撮る場合はおとなしく待っています。

先に手をつけると怒られるので。

 

先日ランチのときに隣にいた女子大生2人組。

パスタが出てきたらさっそく撮影タイム。

各々写真を撮り、その後スマホで何やら作業を??

てっきり撮って終わりかと思いきや、その後のスマホタイムが気になる。。

撮影後すぐにSNSにでもアップしているのかしら。 

 

写真撮影に対しての好き嫌いはともかく、疑問に思うのは、

何も突出していない普通の食べ物の写真を一生懸命撮っているのはなぜでしょう。

先ほどの女子大生2人組が撮っていたパスタもいたって普通のパスタでした。

有名なお店でもないし、感激するほどおいしくもない。

 

ではなぜ写真を撮るのか?

 

仮説1)レコーディングダイエット中

仮説2)ブロガー、アフィリエイター

仮説3)リア中アピール

仮説4)ただの習慣

仮説5)ソクバッキー彼氏への報告

 

 

 

・・・

 

 

 

 

うーん、私にはよく分かりません。

ひとまずよく撮影する友達に聞いてみよう。