読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

悪口に関するマイルール

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

私は人の悪口を言うのが少し苦手です。(嫌味は得意w)

言いたいときもあるし、なんだかんだ言っているのだろうけど

”悪口を言う”ことに対して、自分の中でスイッチが入らないと言えません。

 

理由のひとつめは、私がAさんの悪口を言うことで、

それを聞いたBさんが、Aさんに悪い印象を持ってしまうことを心配しています。

Aさんと私の間に確執があっても、BさんとAさんは仲が良いなら

そのまま付き合っていればいいと思うわけで。

悪口といかないまでも愚痴りたいときには、

面識のない、違うコミュニティの人に話す方が気が楽です。

もしくは自分と同じように嫌な思いをしている人なら言いやすいかな。

 

理由のふたつめは、悪口を言ってもスッキリしません。

ぴーちくぱーちくと嫌な思いをしたことを話していると、

そのときの自分がやけに感情的に振る舞っていたことに気づき、

話しているうちに、”あれ、おかしいな、、私にも落ち度があったのでは?!”

と気づくことが多数。

さらにそれを相手にも指摘されたら、最後は強引な屁理屈で終わらせ、

帰宅後に反省会です。。

 

理由みっつめ、悪口を言っている人の顔が好きではありません。

ひどく感情的に悪口を言っている人の顔を見ると、あー私もこんな顔しているのね・・・

と思ったりしますね。

もったいないから人前では笑顔にしておこう。

これは私がけっこう他人の目を気にするところからきているのかも。

 

これらのめんどくさいマイルールも一時期よりは緩くなり、

不満やグチくらいなら簡単に言えるようになりました。

ただし、言うときはネタっぽく笑える感じで話すように気をつけています。

だから若干盛っていることもありますが、それくらいいいでしょう。

 

 

そんなことを無駄にややこしく考えている私の周りにも

もちろん思いっきり感情的に悪口を言う人がいます。

人からどう見られるかとか、本当は自分に落ち度があったのでは?とか

一切考えずに自らの正義を振りかざし相手を糾弾する様は、まるで勇者のよう!

とても気持ち良さそう。

ちょっとうらやましいです。