読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

相手に伝わらないのは、伝え方が悪いから…なのか?

つぶやき&ひとりごと ■取材日記

 

いっぱい話して一生懸命伝えたつもりでも、

相手にはこちらが思う10分の1くらいしか伝わっていないものです。

 

以前、仕事で新サービスの紹介ページを制作したときのこと。

その会社は社内にデザイナーを抱えていなかったので制作は委託していました。

 

委託していた会社は業界でも大手で、担当者も長いお付き合いのある方。

直接会って希望を伝えてはいるものの、それでも言葉だけで伝えた場合、

こちらが伝えたものとはまったく違うものが納品されて驚くことがありました。

 

そんなコミュニケーションミスが起こらないようにするためには。 

「ほぼ完璧なワイヤーを作ること。」 

これしかない。 

 

イメージにあったアイコンを探し、全体のデザインを細かく作り

これもうページ完成しているんじゃない?っていうレベルで作り込みます。 

そうすれば、委託先でそのワイヤーを元にイラストやアイコンを作り 

その通りに納品されてきます。

 

ここまでやれば誰だってできるだろと思うのですが、

事前にひと手間加えることで早く完成するんです。

委託先は制作のプロなんだからその辺分かるでしょ〜って思いましたが、

考えたり企画したりは、また別の高いスキルになるのでしょうね。

 

このことから何が言いたかったかと言うと、

仕事はもちろんプライベートでも、相手に伝えたいことは言葉でも絵でもジェスチャーでも

使えるものは使いまくってちゃんと伝えないと、

相手にはちっとも伝わらないってこと。

 

相手の理解が浅い場合、相手に落ち度があるのではなく

伝えた側に落ち度があるのです。

前職の上司にも、世の中の常識だ!と言わんばかりに豪語されましたが。。

 

 

でもさ、でもさ、、

実際、それってほんと?と思うことは多々あります。

伝え方にも改善の余地があることは重々承知していますが

受け手に問題がある場合も少なからずあると思います、私は。

 

受け手の理解力の低さや思い込みによるコミュニケーションミスだってあるでしょう。

あります、あります。実際ありますよ。

丁寧にメールに書いて説明したって、読み飛ばす人もいるし、

顔見て話しても、勝手に思い込んで説明を聞かずに進めてしまう人もいます。

能力が低い人や経験が長い人に多い気がします。

 

最近、能力が低いパターンの人とやり取りをすることが多いのですが、

何をどう伝えても、半分も伝わらないのです。とても困っています。

同じことの繰り返しだったので強めに指摘すると、

「伝え方を工夫されてみてはいかがですか」と反論されました。

この人には周りの人がみんな手を焼いているので、

特段私との相性が悪いというわけでもないようです。

少し前にこの人には期待しないと個人的に見限っているので、

何度も同じことを聞かれようと怒ろうと逆切れしようとムカついたりはしないのですが

こちらの労力と時間の無駄と考えると、とても疲れます。ぐったり。

 

前半のストーリーを一生懸命書いたものの、逆の結論となりました。

最終的には、全部が全部伝える側の責任ではない、ということを言いたい。