読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

家探し

つぶやき&ひとりごと

 

最近めっきりブログを書くペースが落ちてしまいました。

ハワイに行ったり風邪をひいたり、物理的にも難しかった時期ですが、

一時の感情だったらいーなーと他人事のように思います。

7月は毎週フラのイベントがあるため、さらに時間を取るのが難しくなるかな。。

体力が持ちますように。

 

先週から家探しを始めました。

今住んでいる家にはもうすぐ満6年(たぶん)、この街には8年くらい。

長いな~思えば社会人1年目に引っ越して以来、ずっと同じエリアにおります。

引っ越しなんて面倒な手続きばかりで、思い立たないとやる気になりません。

これまで更新はあっても、引っ越ししようなんて思いもしなかったのに

なぜか最近はふと思うようになりました。

こういうのはタイミングなので、したくてしたくてたまらなーい!

って思ったらした方が良いですね。

事務的な理由だと引っ越しにかけるパワーが足りない気がします。

 

ただ、家探し、、とても疲れる。

どこでもいいと思っていても、希望条件があれこれ出てきて、

間取りの時点では好感触なのに、内見すると雰囲気が違って気に入らなかったり、

これだと思うものがいつまで経っても現れず、ねばって消耗戦を続けていても

最後には若干のヤケが入り妥協してみたり。

それでも住めば都じゃないですけど、意外に住めるものですかね。

でもね、人間ってのは生活レベルを落とすのは大変なことなのですよー。

 

今回は思い立って家探しをしているものの、

いくつかの条件をはっきり決めているので、これまでよりは迷わずにすむと思います。

今の家が嫌になったわけではないので、引っ越したくなる条件がないと

重い腰が上がらないのですよね。

 

先週さっそく不動産屋に行って内見してきました。

初めからアタリなんて引けないわけで、3件見てどれもなし。

でも担当者がおもしろかった。

絵画が趣味で、見せてもらったデッサンがとても上手!人物画が写真のよう。

さらには歴史小説が好きで、宮城谷昌光北方謙三を熱烈におすすめされました。

ウェブで内見したい物件を見つけて一件一件問い合わせすると、

いろんな不動産屋さんと関わることになり、またそれも一層面倒になります。

結局どの会社でも問い合わせれば物件は見れるので、

気に入った担当者に見たい物件を連絡して段取りしてもらうのが楽です。

担当者との相性は大事ですね。

一緒に車に乗って内見に向かうので、とにかく気に入らない人(?)だと

とてもしんどいです。

正直、この担当者がデキる人なのかは分かりませんが、

家探しでは大差ないと思うので、気の合う人の方が良いと思います。

 

そんなこんなで、家探しって婚活とか転職活動とかと似てますね。

どれもおんなじ。