読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私は!!

と思い続けて約30年。これまでに投資銀行業務や営業企画やライターなどをかじってみるなど、一貫性がなさそうなキャリアを重ねて今に至ります。いわゆる”サラリーマン”卒業を目指して生きている私(アラサー女性)のどうでもいいつぶやきです。

きっと人は空間を埋めたくなるのだろう

つぶやき&ひとりごと

 

引っ越し先が決まったのです。

管理人の仕事をする代わりに家賃が相場より3万くらい安い、珍しい条件の物件です。

ちょっと面倒かなーとは思いつつ、家賃の安さにひかれました。

今の部屋に特に不満はないんですよね。ここも広くて高スペックな物件なので。

ただ、広すぎて荷物がどんどん増えていき

処分する気にならないのは不満のひとつだったりします。(←完全に自分のせいです)

 

狭い部屋ではソファや机がなくても、何不自由なく過ごせていたのに

広い部屋でガランとするとソファも机も欲しくなるのはなぜでしょう。

断捨離を趣味と言っておきながら、結局のところ収納スペースいっぱいにまで

荷物が入っていて、溢れているくらいです。

だいぶいろんなものを処分していますが、

過去の荷物を処分するほど捗ってはいないのでしょう。

 

新居は普通のワンルームとなり、物理的にすべての家具が入らないので、

思い切ってソファと机と椅子と食器棚とラックを処分しようかと思います。

収納も狭くなるし、洋服も本も一層整理しないとほんとに新居に入らない~

このままでは段ボールと家具に囲まれて、ベッドと1畳のスペースで生活する姿が

イメージできてしまいます。やばい。。

 

あっという間に決まった引っ越しで、自分でもまだついていけていない部分があるのが

不思議ですが、この流れに乗ってみましょう。

新居はご近所とはいえ、今の部屋に6年も住んでいたので、

どうしても微妙な生活スタイルの変化に億劫さは感じますね。

でもこれまでの経験でいうと、引っ越しの面倒さと

新居で新しい生活が始まるワクワク感が近いうちに逆転するでしょう。

すでに楽しみになってきて、昨夜も収納グッズをネットで検索し始めました。 

 

捨てたそばから新しいものを買おうとしている行動の習慣を見直さない限り

物を減らせる気がしませんが、、これはこれで楽しいからいいんです。